ワイルドな超一流プロテクバンド「SIAM SHADE」

世間的にはヴィジュアル系と呼ばれていましたが、ワイルドなルックスと圧倒的な演奏力とハードな音楽性が特徴的です。ちなみに私は筋トレする時に、SIAM SHADEを流してアドレナリンを分泌させています。

るろうに剣心のオープニングテーマ「1/3の純情な感情」(1997年) で大ブレイクしました。演奏技術は日本のバンドの中でもトップクラスで、特にリードギターのDAITAは氷室京介から絶賛されるレベルの腕前。速弾き・特殊奏法・変拍子全てのテクニックは超一流。SIAM SHADEの楽曲の楽譜は到底理解できないレベルの難易度です。そんなリードギターが存分に暴れられる土台を整備するリズムギター・ベース・ドラムのリズム隊の技術レベルの高さ。そして、ワイルドなバンドを象徴しているボーカルの声質。全てが一体となって、最高のグルーブ感を生み出します。

ちなみにドラムの淳士さんのアクロバティックなドラミングの動画は別途取り上げます。国内で尊敬しているドラマーの一人です。

アルバム「IV・Zero」(1998年)

SIAM SHADE絶頂期のアルバム。SIAM SHADEを全く知らない方におすすめのアルバムです。ポップさとハードロックが絶妙に中和されているアルバムです。

おすすめ曲1「Dear…」

ファン投票で1位を記録したこの楽曲。私も好きです。タイアップがついていれば「1/3の純情な感情」より売れたのではないかと思います。もう何でもいいからこの楽曲を聴いてください。お願いします。「IV・Zero」を取り上げたのは、「Dear…」 を聴いて欲しかったからです。
「同じ瞬間を時代を過ごせる奇跡に 少しだけ気付いてくれ」という歌詞が好きです。

おすすめ曲2「No!Marionette

三分間とは思えない満足感。ハードコアな感じかと思いきやサビに入るとメロディアスなポップさが出てくるんです。「いつになったら首都高料金いらなくなるんだ ホント官僚主義的な国だぜ 逆らえば頑丈な手錠」「nineteen ninety-eight 暮らしてる」のクソみたいな現実でさえ弾ける材料にしてやる根性が好きです。

SIAM SHADEのアルバムも素晴らしいですが、さらにライブ音源が素晴らしいので、YouTube・DVDでぜひライブの様子を視聴してみてください。