現役で進化し続けるバンド「Incubus」

Incubusってどんな音楽やってるの?」と聴かれても、
「色々やってるよ、まあ聴いてみな」としか回答できない。

ヘヴィサウンドを強調するラウドロックバンドであり、
ラップやDJを織り交ぜたミクスチャーバンドであり、
メロディアスなオルタナティブロックでもある。

時代を経るにつれて音楽性が変化するIncubusに、〇〇系ロックという枠を定めることはナンセンスである。

スポーティーなイケメンボーカル・Brandon Boyd
バンドサウンドの頭脳・Mike Einzigerを中心に結成された。

Mikeはハーバード大学で音楽理論と物理学への見識が深かったりと、とにかく知的探究心が高い性格で。世界トップクラスのエフェクターへの拘り、音の物理レイヤーまで知り尽くしているギターの全てを理解しようとする男である。

また1991年結成のIncubusは、新たにベーシストが代わったり、2024年に来日公演したりなど、常に現役で進化し続けるバンドである。

アルバム「Make Yousrself」(1999年)

Incubusの転換点となったアルバム。

一作目の「Enjoy Incubus」(1997年)と比較すると、ラップなどのミクスチャー要素が薄まり、メロディアス要素を増やす方向へ舵を切った作品である。そのためアルバムを通して、キャッチーな楽曲が多い。Linkin ParkRed Hot Chili Peppersから洋楽ロックへ入門した人へお勧めしたいアルバムだ。

僕はもう少しハードなミクスチャーロックを聴いているけど、1997年に発売されたIncubus初期の「Enjoy Incubus」「S.C.I.E.N.C.E」もミクスチャーの中ではソフト寄り。そのため普段、ラップが入ったロックを聴かない人にも抵抗感がなく楽しめる作品となっていると思う。

おすすめ曲1「Privilege」

アルバムの最初に流れるイントロのギターが、まずカッコ良すぎる。
やっぱり僕はアルバムのスタートダッシュで度肝を抜かせる系の曲に弱い。

あと個人的には間奏(02:19〜)でPCの警告音的な音をループさせているのがツボ。

おすすめ曲2「Drive」

Incubusの中でもトップクラスに入る名曲。
アコースティクギターとスローテンポが特徴的な一曲。

ギター初心者向けの曲として、度々紹介されているけれど、ギターのコード譜はシンプルなのに、これだけアコースティックギターの音に聴き惚れできるのは、曲をナチュラルに魅せるMikeの音作りのおかげなのかもしれない。

おすすめ曲3「Stellar」

このキャッチーさが「Make Yourself」のアルバムの方向性を象徴している。
噂によれば、アメリカではこの楽曲が頻繁にラジオでかけられていたらしい。だから曲名は知らないけど、なんか聴いたことがある人が多いとか何とか。

もちろん曲も良いんだけど、2000年代っぽいCybercoreの美学を盛り込んだPVが好きなので、今回は特別に三曲目に取り上げた。